ゼナドリンで脂肪燃焼をサポート|規則正しい生活が基本です

意識から変えていく

おやつと女性

気持ちの持ち方次第で

50代というのはまさに日々の疲れが翌日、翌々日まで残り、活発に活動しようという意識が薄れてくる方が多い年代でもあります。「体を動かすと翌日大変だし」そう思って意図的に体を動かすことを拒むかたもいらっしゃいます。そういうことからダイエットなどを考えるどころではないという方が多いのが現状です。しかし、人間は環境に適応できる生き物なのです。それはたとえ10代だろうが50代だろうが関係がないものです。ダイエットという意識以前に何事にも継続することができれば、体も自ずとついてくるものなのです。50代でも元気に生活したいという思いをお持ちの方こそ、苦がなく継続できるダイエット法が必要なのです。それは継続という意識から必要という意識に変えていくことから始まります。

具体的な考え方

ダイエットというのは大きくわけて2つあります。ひとつは「食生活の改善」。これはタンパク質や脂肪を減らし、ヘルシーな食事を心がけることによって、運動という観点に重点を置かなくて済むため、体に優しいと言えます。そしてもう一つは「運動習慣を身に付けること」。これは言うまでもありませんが、定期的に運動することによって脂肪燃焼を促進し、体力増強という目的があります。50代という観点から見ると、健康な方であれば両方行うことが可能と言えます。しかし、全員が食事や運動習慣に急激に変化を持たせることなど不可能に近いはずです。いくら正しいダイエットを知っていたとしても、普段しないことをすることは負担になって、簡単には続かないのです。そこで日常生活に取り入れるのです。例えば通勤途中歩く際は意識して歩幅を伸ばす、足摺をしないなど。買い物もあえてカートを使わないなど。本格的なダイエットを行う前段階として、負担があることを意図的に選択できる状況を探すことなのです。